<< 鉄骨を取り付ける順番 遣り方 >>

基礎現場の丸いもの?

毎日暑い日が続きます。
梅雨明けがこんなに夏らしいのは久しぶりのように思います。
暑さ対策をしながらも、夏を満喫していきたいものです。

今回は前回に続いて基礎工事のひとコマです。
基礎工事中の現場をご覧いただいたお客様からダントツに質問が多い内容を取り上げます。

写真を二枚ご覧ください。
鉄筋組みが完了したところですが、何やら気になるものが見えませんか?
f0228863_2227212.jpg

f0228863_22283060.jpg

白い丸いものが鉄筋に取り付けられていますよね。
「あれは何?」
「あのままコンクリートの中に埋めてしまうの?」
という質問をいただくケースがよくあります。
このままの状態でコンクリートの中に埋めるのですが、この白いものには非常に重要な役割があります。

そもそもコンクリートの耐久性を評価するにあたって、
やや横着な表現ですが、『劣化=コンクリート内部の鉄筋がサビること』と考えることができます。
『サビる』ためには、ご存知の通り、酸素と水が必要なのですが、
コンクリート内部は強いアルカリ性のため、「サビが発生する=酸化する」ことはありません。

しかし長い年月で考えると、コンクリートの端(表面)にひび割れが発生して、
そのひびから空気(酸素)や水が侵入して鉄筋にサビを発生させることになります。

なので、鉄筋がコンクリートの端に寄ってしまうと、酸素や水が早く到達することになってしまい、
結果「鉄筋がサビやすい=耐久性が劣る」コンクリートとなってしまうのです。

これを防ぐために、建築基準法では「コンクリートの端から鉄筋までの距離」の最小値が決められていて、
この距離を“かぶり厚さ”と呼んでいます。

つまり、この“かぶり厚さ”を確保する(鉄筋がコンクリートの端によらない)ために、
あの白い丸いものを鉄筋に取り付けているのです。
その役割から『スペーサー』と呼んでいます。

コンクリートを打ち込むための型枠を組んでいる状態が次の写真です。
鉄筋がコンクリートの端に寄らないように機能しているのがおわかりいただけると思います。
f0228863_22592730.jpg

f0228863_2303268.jpg

f0228863_2311053.jpg

形状が丸いのは、横方向と縦方向のどちらにも確実に“かぶり厚さ”を確保するためです。
このようにちょっとした工夫でコンクリートに埋まってしまう鉄筋の位置を確保しているのです。

参考までに、写真の部位で規定されている“かぶり厚さ”は、6cm。
このスペーサーは直径が15cmあるので、基礎の鉄筋にスペーサーの中心をあわせると
確実に6cmを確保できる仕組みです。

意外と知られていない“かぶり厚さ”ですが、コンクリートの耐久性を考える際には非常に重要な要素となります。
現場での作業においても、常に“かぶり厚さ”を気にして施工しています。






ヘーベルハウス多摩支店HPです。このブログのほか様々な情報が載っています。
是非一度ご覧下さい。

f0228863_1385044.gif

[PR]
by sekou-kanri | 2010-07-25 23:19
<< 鉄骨を取り付ける順番 遣り方 >>